エレファントカシマシ、初のミニアルバム「DEAD OR ALIVE」。美しい歌メロとダークな歌詞は必聴。

エレファントのイラスト エレカシ
スポンサーリンク
エレファントカシマシのアルバム「DEAD OR ALIVE」のジャケット写真

2002年12月、エレファントカシマシはバンド初となるミニアルバムをリリースしました。

かっこいいジャケットです。

アルバムの流れとしては「LIFE」→「DEAD OR ALIVE」→「俺の道」という並びです。

バンド初のミニアルバム「DEAD OR ALIVE」。

ミニアルバムということで5曲しか収録されていません。

1.「DEAD OR ALIVE」

2.「漂う人の性(さが)」

3.「クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-」

4.「何度でも立ち上がれ」

5.「未来の生命体」

です。

3曲目のふしぎな曲名ですが、「クレッシェンド」は音楽用語で「だんだん強く」、「デミネンド」が「だんだん弱く」、という意味みたい。

このアルバムは外部プロデューサーを起用せず、完全にバンドメンバーだけで作り上げています。(これ重要。)

シンプルな5つの曲のもつ、美しさと力強さ。

この作品は5曲入りのミニアルバムということで、エレファントカシマシの作品群のなかではコンパクトですが、非常に興味のつきないアルバムです。

(世界観が似た印象の作品というと「good morning」なのだろうけど。)

5曲すべてがバラツキなく名曲で。

というか、初めて聴いたときと、今聴いたときで、同じ感覚を受けるのですが、

意外とこのアルバムに収録された5曲は、みんな似通っているんですよね。

そのうえで、一曲一曲のスケール感が大きい。

4,5分の長さの曲が実際は6,7分ほどはありそう。

たしかに普通の10曲くらいのアルバムだと、聴き手が消化しきれなくなっていたのかも。

アルバムのコンパクトさも相まって、5つの独立した曲というより、豪華なメドレー作品群といった印象があります。

そういうことで、必然的にミニアルバムになったのかな。

また、このアルバムは音作りが前2作に比べてシンプルなので、宮本さんのメロディーメーカー、ソングライターとしての天才が強く感じられます。

(ほんまにノエルギャラガーに勝ってるんじゃないでしょうか。)

繊細で、聴いててたびたび快い歌メロに出会います。

(歌詞は暗め、ダークな部分もありますが。)

さらに、キーボードとかストリングス?とかがなく単調だけど、全然問題じゃない。というのも、このアルバムは楽器自体の音の良さがとにかく素晴らしくて。

ずば抜けています。

とくにドラムのトミ(冨永さん)が大活躍です。パワフルで、むっちゃ手数が多い・・・。

カメ
カメ

すごいスタミナです。

「DEAD OR ALIVE」はリスタートだった。

実は今、「DEAD OR ALIVE」はあらためて価値を見せているのかも。

結構今(これ書いてるのは2020年、つまり宮本さんソロ活動中)のエレカシ、宮本さんのモードに近いんだよね。

2018年の「Wake Up」に「RESTART」が収録されてますが、「DEAD OR ALIVE」のときもエレカシは一度リスタートをきっていたのかも。

なにか作品にいざ仕切り直し!というすがすがしさがあります。

宮本さんの声もちょっと雰囲気変わったんだよね。

そして「DEAD OR ALIVE」を今聴きなおすと、音が全然古びてないことに驚きます。

EMI期のこの後のアルバムは綿密で丁寧な音作りのねらいが、かえって今聴くと古く、というか、発売当時の時代を思い出させるのですが。

「DEAD OR ALIVE」の音はほんと奇跡的で、今鳴っててもおかしくないです。

「DEAD OR ALIVE」と「Wake Up」の比較は面白いですね。

まとめなの。

「DEAD OR ALIVE」は「life」と「俺の道」をつなぐもの、過渡期にあたる作品です。

実は、次作「俺の道」に収録された「覚醒」や、さらに次の「扉」に見られる、あの「もう青春は終わった、若さは終わった」、というような?

そういう見方、テーマがこの「DEAD OR ALIVE」から兆しは見えてたんですね。

いわば「中年となりゆく」自分が?なお、かっこよくロックを歌っていくために。

このアルバムで純粋な4人体制に立ち返り、身を軽くしたようです。

「いずれ堕ちていく瞬間に歌でもどうだい」(「DEAD OR ALIVE」)

エレカシの歌詞の中でも屈指のかっこいいフレーズです。

ギラギラした目のニホンオオカミが近づいてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました