映画

映画

イーストウッド監督主演西部劇「ペイルライダー」を懐かしむ。

あらためて「ペイルライダー」を見返したのでちょっとまとめておきます。 というのが、イーストウッドの西部劇の有名な作品はだいたい観ていたのですが、「許されざる者」以外はかなり昔に観ていて、見返していなかったので、あらためて見直...
映画

イーストウッド監督「ヒア アフター」。人間の苦悩、喪失感からの克服。

今回はクリント・イーストウッド監督の映画、「ヒア アフター」を紹介します。 2010年に公開された作品で、イーストウッド作品でいうと「インビクタス」のあと、「J・エドガー」の前の作品になります。 2000年代、2010...
映画

イーストウッドの隣で、人生を眺める「人生の特等席」

イーストウッドの弟子、ロバート・ロレンツが監督した「人生の特等席」。 イーストウッドにとっては、自身以外の監督作品に出演したのは「ザ・シークレットサービス」以来19年(!)ぶりなのでした。 イーストウッド、主演のみは1...
映画

クリント・イーストウッド監督「15時17分、パリ行行き」運命にどう対処する?

英雄的行為をした3人を俳優ではなく本人が演じた、ということが話題になった作品ですね。 舞台は2015年に海外で起きたテロ事件。高速国際鉄道「タリス」という列車で起きた無差別テロ事件です。正確には、それを未然に防いだ、というこ...
映画

「ダーティハリー」を再び見る。アーノルド・シュワルツェネッガーへの影響。

「ダーティハリー」(1作目のことです)のブルーレイで特典映像を見てたらシュワルツェネッガー(以下、アーノルド)がコメントしてたので内容を紹介します。 アーノルドは・・・。 まずアーノルドはクリント・イーストウッドが自ら...
映画

「許されざる者」の冒頭とラストのナレーション。そしてクローディアのテーマ。

「許されざる者」のあの冒頭と最後のナレーションが流れるシーンについて見ていくよ。 「クローディアのテーマ」。 あそこで流れてる音楽はイーストウッド自身が作曲したものです。「クローディアのテーマ」。主人公マニーの奥さんの...
映画

クリントイーストウッド「許されざる者」への10年愛。ジーン・ハックマンとは。

カメ まず上の画を見ていただきたい。 これは「許されざる者」の映画パンフレットの表紙を開いたとこなんですが、イーストウッドと、奥にモーガン・フリーマンが馬に乗ってるとこが写ってます。めちゃめちゃ恰好いいですね。 ...
映画

北野武作品「アウトレイジ」シリーズを見終わった。【初めての北野映画】

自分、北野作品を見てみようと思って。 「アウトレイジ」のシリーズ全部見たんよ。これは名作シリーズでしたね。けっこういい思い出になった。 カメ あんまり日本の映画って見ないよね。 「アウトレイジ」3部作。...
映画

映画「ロッキー」シリーズ。最高峰1作目に挑んだ「ザ・ファイナル」の奇跡。

スタローンの「ロッキー」シリーズ観たんだけど。 「ロッキー」はシリーズ「1」~「5」と6作目に「ロッキー・ザ・ファイナル」ってあるんよ。 この「ファイナル」だけだいぶ間が開いて作られてるんだけど。 「1」と「ファ...
映画

「羊たちの沈黙」が好きで「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」まで見たらば。やっぱり「羊たちの沈黙」が名作。

あの「レクター博士」シリーズってね。ハンニバル・レクター博士シリーズね。数少ない、シリーズ通して観たやつなんよ。 (※「レクター博士」シリーズは「羊たちの沈黙」から始まった人気のホラー映画シリーズ。アンソニー・ホプキンス主演...
映画

イーストウッド監督が初めて戦争映画に挑みました。大作「父親たちの星条旗」。

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島2部作」。まず第1弾となる「父親たちの星条旗」の感想・レビューです。当然のようにネタバレがありますのでお許しください。 イーストウッド監督、最初から「今作は大作だ。」とおっしゃってました...
映画

アンジェリーナ・ジョリー主演。実話をもとに怖ろしい誘拐事件を映画化【チェンジリング】

クリント・イーストウッド監督作品の中でも、ひたすら暗澹たる空気が漂っているのが「チェンジリング」です。 1920年代のロサンゼルスを舞台に、子供を誘拐された母親の物語を映画化した作品です。意外にもアンジェリーナ・ジョリーが主...
映画

「息子は生きている。」母が抱いた希望【チェンジリング・感想】

クリント・イーストウッドが好きで、彼の監督・主演した作品のレビューをしています。今回は2008年に公開された「チェンジリング」です。 イーストウッド監督とアンジェリーナ・ジョリーという意外な組み合わせが、話題になりました。 ...
映画

イーストウッドがミュージカルを映画化したらどうなった?「ジャージー・ボーイズ」。

クリント・イーストウッド監督が人気ミュージカルを映画化しました。「ジャージー・ボーイズ」です。 2014年公開。2014年は次作「アメリカン・スナイパー」も公開されてます。とどまること知らぬ制作意欲です。(しかも映画の世界観...
映画

イーストウッド超ヒット作「アメリカン・スナイパー」。伝説の狙撃手の映画化は、製作秘話も感動だった。

「アメリカン・スナイパー」は2014年公開のクリント・イーストウッド監督作品です。イラク戦争で活躍した米軍の伝説的な狙撃手クリス・カイルの人生を描いた映画です。 イーストウッド監督作品の中でも規格外の超ヒットを記録しました。...
映画

とにかく象を撃ちたいねん。「ホワイトハンター・ブラックハート」でイーストウッドが演じた無頼監督の哲学。

1990年のクリント・イーストウッド監督作品「ホワイトハンター・ブラックハート」です。これはアフリカを舞台とした映画です。 古典映画に有名な「アフリカの女王」ってあるんですが。ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘプバーンが出...
映画

イーストウッド監督「真夜中のサバナ」。時代に逆行した怪作。絵の下の謎は謎のままに。

クリント・イーストウッド監督「真夜中のサバナ」はアメリカの南部、ジョージア州にあるサバナという街を舞台とした映画です。 はじめ、アフリカのサバナ(サバンナ)のことだと思っちゃってました。勘違いでした。DVDのパケの色合いと、...
映画

「J・エドガー」にて描かれる20世紀最強の男の秘密。リンドバーグ愛児誘拐事件の謎。

思うに優れた役者にとっては、齢をとった老人の役を演じることは悦びであり興奮を覚える挑戦なのです。 今作「J・エドガー」でレオナルド・ディカプリオは、FBIを創設しその長官の座に50年近く君臨した人物J・エドガー・フーバーを演...
映画

警官に囲まれ天に向かって慟哭するショーン・ペン。凄まじき「ミスティックリバー」の悲劇。

「ミスティックリバー」には3人の中心人物がいます。(ジミー、ショーン、デイブ)これがまず映画として珍しいです。子供の頃の友達同士。 少年の1人を襲ったつらい出来事。いま20年以上の時を経て、この子のトラウマがじわじわと周囲の...
映画

イーストウッド主演「ザ・シークレットサービス」。レネ・ルッソが美しい大人ヒロインを演じる。

主人公フランクは1963年のケネディ大統領の暗殺を阻止できませんでした。事件の瞬間シークレットサービスとしてケネディの傍にいたのに・・・。1発目の銃声の後、どうして身を呈して大統領を守ることができなかったのか。 今は齢をとっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました